新卒osumen入社1ヶ月後の学び、不満、不安、希望

新卒入社1ヶ月後 不安 希望社会人日記
スポンサーリンク

4月1日に正式に入社してから1ヶ月が経ちました。

入社前に研究室の同期だったり友達が

「働きたくね〜」

って言ってたのを横に、一貫して「無」だった僕ですが、新卒入社して1ヶ月間の研修を通していろいろ思うところも出てきました。

今回はそんな入社後1ヶ月経った僕の学び、不安、不満、そして希望をつらつら書き並べていきます。

 

osumen
osumen

複雑な気持ちです。

 

スポンサーリンク

新卒osumen入社後1ヶ月間の内容

この1ヶ月間はずーっと研修でした。

ちなみに後1週間残ってます。

研修の最初1週間は、緊急事態宣言も出ていなかったので、研修用の宿泊もできる会社の施設に行って研修を受けていました。

同期に会えるのは楽しかったですけど、僕は家が近くて通いだったので、電車に乗るストレスと朝起きるストレスでうんちがいつもより硬くなってました。

でも、着いたら宿泊組のみんなが仲良く喋って出迎えてくれるのでそれはよかったです。

 

研修の内容はどこでもそうなのかは知りませんが、

・社会人のあるべき姿
・PDCAを回せ
・報連相の極意

みたいなことばっかで、考えたらわかるやん。って斜に構えてずっと受けてました。

そしてとてもじゃないけど真面目には受けてなかったですね。

この記事読めばどれだけダメ人間か理解してもらえるかと思います。

osumenの最近とこれから

 

っていうかPDCAって言葉の意味をそこで初めて知って、もはや初めてその言葉を聞きました。

みんなは就活中とかに学ぶんですかね?

僕以外みんな知ってたので「ああ、ダメ社員の烙印を早くも押されるか、、」とか一瞬思ってました。

内容聞いたら、「いや、研究してたら普通にするやん。」

ってなったのでその烙印はhenna tatooくらいすぐ消えましたね。

 

新卒osumen入社後1ヶ月間の学び

これまでの研修を通して学んだこと

・斜に構えて受けるのは時間の無駄
・分かっていても出来ないことが多い
・自分のものさしで仕事をしてはいけない
コミュニケーションが結局、一番大事
・学びの共有、アウトプットもすごい大事

 

研修の具体的な内容は外部講師が来て、PDCAや報連相とは何か、どうやって仕事で使うのかを実際の仕事をイメージしたロールプレイングを通して学ぶものでした。

いやいやそんなん、、って思ってたけどやってみると意外と出来てないんですね。

 

例を挙げると、「日経新聞を一部渡すので、グループで我が社に大事そうな記事をピックアップしてまとめてください。20分間です。」

みたいなのがありました。

何も考えずにコロナの与える経済打撃みたいな一面を引っ張ってまとめてたんですけど、向こうの求めていたものは、

見出し+数行の要約+第何面か

みたいなものの各記事リストアップしたものでした。

仕事を頼まれた時に自分の価値観でアウトプットを決めてはいけない。

依頼者の意図とすり合わせをしなければならない。

ということを学びました。

あとはそのすり合わせをしていく中で、

相手の言葉にない意図を汲み取ることで、相手の期待値以上のものができる。

ということですね。

 

簡単に言うと「ご飯作って。」と言われた時に、自分の好きなもの、あるいは自分が思う相手が好きなものを勝手に作るなってことです。

そして依頼者の意図とすり合わせっていうのは、

「何を食べたいか」

「いつ食べたいか」

「ご飯できたらどこに持っていけば良いか」

とかのいわゆる5W1Hを明確にするものですね。

相手の言葉にない意図を汲み取るというのは、「仕事で疲れてる」って言われたら、ビールも出してビールに合うおかずを作るみたいな感じです。

 

こういうhigh context sensing skillもコミュニケーションに欠かせないスキルですね。

もはや仕事においてこれが全てじゃ無いかと思いました。

 

聞くだけなら当たり前やん。ってことでも、やってみると学びは多いものです。

当たり前やけど、研修は主体的に受けないと意味がないことを実感しました。

 

あとは、毎朝30分かけてグループの子たちと自分の学びを共有する時間があるんですけど、ちゃんと聞いてみると意外とここからまた学べることに気づきました。

 

「感想を言い合う時間なんかいらんやろ、、」って思ってたけど、やっぱりみんなも就活戦争を勝ち抜いてきた猛者たちです。

なので賢いし、自分に無い価値観を持っているので、聞いていて新しい気づきなんかも生まれます。

 

斜に構えるのはよしましょう。

新卒osumen入社後1ヶ月の不満

4月の2週目からテレワークによる研修になりましたが、やっぱり人事側もはじめてのことなのでバタバタしてるのが見えます。

仕方ないことですが、接続不良なんかで研修止まったり、開始が遅くなったりすると、これ何の時間やねん。って不満は出ちゃいますね。

あと、いや、そんなん言うてなかったやんみたいなことも少なからず発生してしまいます。

仕方ないんですけどね。

もちろん、運営する側のストレスもあると思いますが、そんな小さなことに不満を漏らしてしまいます。

まあ仕方ないんですけどね。

 

自分が小さく思えてきました。

 

新卒osumen入社後1ヶ月の不安

部署配属後の自分に対する不安

先日、配属が発表されました。

新卒osumen、配属が決まるも思てたんと違う

 

自分のやってた研究がそのまま活かせるとは、思ってはいませんでしたが、違いすぎてかなりビビってます。

自分がどう貢献できるかというより、足を引っ張らないかが不安になってます。

同じ部署の同期はがっつり研究分野かぶってるし、他はドクターやし、早くもダメ社員の烙印を押されるかとビクビクです。

 

研修明けにいきなり部署で部長たちにプロジェクト配属先決定のために、自分の研究を20分間発表しないといけないみたいです。

それまでに自分のスキルと部署の研究をうまく関連させておかないと。と思ってます。

会社の将来に対する不安

あまり明言するのは避けますが、いくつかの事業でグローバルシェアNO.1をとっているので、入社前も安心してましたが、現状に安心してたらあかんなと強く思いました。

今、社会も大きな変革の時代かと思いますが、会社としても今後、変わっていかないとダメやと実感しました。

もちろん、社内外で評価されてるシステム、製品だったり、同期たちもかなり能力が高いので不安ばかりでは無いです。

むしろ挙げたら多分、良い点の方が多いですけどそういう懸念点は意識しておくべきかな、と思います。

まあ、少なくとも僕が生きている間は潰れることもないでしょうが、自分がどう会社に貢献できるか、会社がどう社会に貢献できるか、は常に考えていかないといけないと思ってます。

 

新卒osumen入社後1ヶ月の希望

不満、不安はあるものの、やはり希望が大きいです

分野が違うところに配属されるのは不安ですが、なんだかんだでそれも楽しみです。

新しいことを学ぶと、成長した気になるので楽しいです。

 

でも、学生と違って学ぶことが仕事ではないので、しっかり学びつつ、成長しつつ、会社に貢献しないといけないとは思ってます。

与えられた仕事に対して、自分がやる意味を考えないといけないですね。

もし、誰でも良い仕事なら、自分がやる価値を与えることで成長できるかな、と思います。

 

お金もらってるのでね。初任給は吹っ飛びましたが。

新卒、実家暮らしの社会人が初任給の使い道を考えた

とりあえず最初は、どうすれば自分が一番旨味が出せるかを意識しながら働いていこうと思います。

良い出汁をいっぱい出します。

新卒osumen入社後1ヶ月のまとめ

 

 

 

最初はめんどくさいと思ってたけど、何でも斜に構えずやってみると学ぶことは多い
・会社にいることで安心してはいけない。会社がダメになること、自分が会社内でダメになったときのことを想定して市場価値を高める。
なんだかんだで、とりあえず挑戦するのは楽しみ

学生気分は正直抜けきってないかもしれない。

明日がGW前最後。

頑張りまする。

 

 

↓お気軽にコメントどうぞ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました