キューバでWiFiを使うときの注意点【WiFiカードを使おう】

キューバ WiFiカード 注意点旅のお役立ち情報
スポンサーリンク

キューバっておしゃれな国ですよね。

いろんな映画の舞台になっていたり、欧米系の人にも人気の観光地です。

ですが、日本や他の海外での考えが通用しないことがいくつかあります。

その最も大きな点がインターネット環境です。

 

osumen
osumen

海外はその辺にフリーwifiが飛んでるやろ。

 

そう思って、僕は何も調べずに現地に着いて絶望しました。

皆さんはしっかりと事前準備をして、覚悟をしておきましょう。

WiFi以外にもツーリストカードは必須ですのでしっかり確認しといてくださいね。

 

【最新2020年】キューバツーリストカードの失敗しない申請方法と書き方

 

本記事では、キューバのWiFi事情とインターネットの使い方をご紹介します。

 

※記事を書いた僕は2020年3月にキューバへ旅行しました。
 どこよりも最新の情報です。

 

スポンサーリンク

キューバのWiFi事情【無料のフリーWiFiはない】

フリーWiFi無いんかい

まず、空港着いて絶望します。

 

osumen
osumen

え、WiFi飛んでるけど使えへん。。

使い方については後述します。

 

キューバって社会主義国なんですよ。

そんなん知ってる。って僕も思ってました。

でも社会主義国について、全然知らなかった。

 

社会主義国では国がいろんなことやるんですね。

日本では考えられませんが、国営のBarがあったりナイトクラブがあったりします。

インターネットもその一つです。

日本と違って、キューバでは国営のキャリア「ETECSA」がインターネット環境を取り仕切っています。

さて、前置きが長くなりましたが、キューバでインターネットを使うには以下の3つの方法があります。

✅キューバでインターネットを使うには

1, WiFiカードを購入する(一番お得!)
2, SIMカードを購入する(長期滞在でない限り不要)
3, docomoなど日本のキャリアの海外サービスを利用する(落とし穴あり)

結論から言うと、WiFiカードを使うのが一番です。

もはや、それしかないくらいです。。

 

まずは、WiFiカードについて、その後、他の方法についてもご説明します。

キューバWiFiの使い方①WiFiカードを使う

キューバ WiFiカード先述した通り、キューバにはフリーWiFiがありません。

全て有料のWiFiです。

キューバには通称「WiFiカード」というものがあって、それを事前に購入して空港や、街中のWiFiを使います。

なので、まずはWiFiカードを購入しましょう。

 

WiFiカードの料金と購入場所

キューバ WiFiカード

WiFiカードは使うことができる時間が制限されています。

そして、利用できる時間によって3種類あり、料金が異なります。

✅WiFiカードの料金

① 1時間用 WiFiカード:1CUC
② 3時間用 WiFiカード:3CUC
③ 5時間用 WiFiカード:5CUC

WiFiカードにはログインIDとパスワードが書いてあるので、WiFiに接続して入力すれば即、利用できます。

時間が長いものを買っておきたい気もしますが、値段も変わらないので、個人的には1時間用のWiFiカードをいくつか持っておくのがいいかなと思います。

そして、WiFiカードが購入できる場所は3つあります。

✅WiFiカードが購入できる場所

① ETECSAの店舗
② 公園などにいる転売屋
③ 高級ホテルのフロント

①ETECSAの店舗で購入

WiFiカードは国営キャリア「ETECSA」の発行するものです。

首都のハバナに限らず、他の都市でもお店はあるので、心配ありません。

観光地内でも、これだけあるので買いたいところで買えばいいです。

ちなみに空港にもあります。

 

②公園などの転売屋から購入

キューバには海外旅行における母親のような安心感を与えてくれるスターバックスやマクドナルドがありません。

なのでWiFiスポットってじゃあどこやねん。なんですよね。

それで、大きな公園が現地の人もWiFiを使うWiFiスポットの一つなんです。

歩いてたらすぐ見つかりますし、Google mapでも「WiFi」とか調べたら出てきますよ。

【ハバナ】革命広場から旧市街まで徒歩の旅でローカル巡り in キューバ

 

こんな感じでたくさん人がいるんですけど、そこでたまに、「WiFiカードいかがっすかー!」って売ってる人がいます。

正規の値段より少し高くて2CUCとかなんですけど、ETECSAで購入の列がすごくて、並ぶのがめんどくさい人なんかは転売屋から買うのも一つです。

転売といってもそこまで法外な値段でもないので、時間が惜しい人はいいかもしれません。

③高級ホテルのフロントで購入

キューバ ホテル WiFi

転売屋よりは安心ですね。

しかもWiFiカードが買えるホテルはそのままそこでWiFiもつなぐことができます。

ハバナ市内だと、HOTEL PLAZAがその一つです。

 

あとは、僕はAir bnb でカサに宿泊しましたが、家主のおばちゃんに頼むと売ってくれました。

 

WiFiカードの利用方法と利用場所

 

利用方法は簡単で、WiFiが飛んでる公園やホテルなどでWiFiをキャッチし、WiFiカードに書かれたログインIDとパスワードを入力するだけ。

WiFi名は「WiFi_ETECSA」とか様々です。

キューバ WiFi

WiFiに繋いでブラウザ開くと、上の画面が出ます。

WiFiカードの裏面に書いてあるIDとパスワードを入力して「Aceptar」をタップするとそれでWiFiが使えます。

 

このWiFiカード、1時間、3時間など時間の制限がありますが、合計でWiFiに接続した時間になります。

なので、30分だけ使って、次の日に残りの30分使う。ということもできます。

注意点はもちろん、使わない時にはWiFiを切っておくことです。

 

そして、利用できる場所は限られています。

① 公園
② 空港
③ ホテル
④   いくつかのレストラン
WiFiが使える公園(通称:WiFi公園)はいろんな場所にあります。
とりあえず人がたくさんいたらそこです。
というくらいWiFi公園(特に観光地の)には人が集まっています。
キューバ WiFiカード
レストランは入る前にWiFiが使えるか聞いてみたら確実です。
ちなみに、食事をすればWiFiカードを使わなくてもWiFiを使えるところが多かったです。
キューバ WiFiカード
ちなみに彼のレストランはタダでWiFi使えるし、1500円くらいで飲み物付き、ご飯、サラダがおかわり自由で最高です。
キューバ WiFi レストラン

キューバWiFiの使い方②SIMカードを購入する

 

これは、あまりオススメしません。

他の国と比べても高いですし、速度もそんなに早くないです。

現地で会ったキューバ大好きイタリア人も1、2週間とかじゃないならWiFiカードでよくね?

キューバに来たならWiFiなんか使うな!

って言っていました。

ちなみに購入場所は「ETECSA」のみで、パスポートが購入時に必要です。

さらにSIMカードの料金とは別に利用手数料のようなものもかかります。

 

一応、料金などの詳細です。

① 150  MB  :  1CUC
② 6.5   GB :35CUC
③ 10    GB :45CUC

 

まあ、買う人はいないでしょう。

キューバWiFiの使い方③docomoの海外パケットサービスを使う

 

docomoausoftbankのそれぞれに、海外パケットサービスがあります。

WiFiルーターなども必要なく、申請するだけで海外でも日本と同じようにWiFiが使えるというもの。

ちなみに、キューバに関しては au はサポート対象外でした。

僕は、docomoの海外パケットサービスを利用してみましたが、めちゃくちゃ遅いです。

速度制限がましに感じるくらいでした。

調べ物をしようにもGoogleのトップページですら、表示するのにどんだけかかんねん!

という感じだったので、こちらもおすすめしません。

softbankについては使ってないのでわかりませんが、同じ回線なので、似たようなことになると思います。

キューバWiFiの使い方まとめ 【結局WiFiカードが一番!】

最初に言ったようにWiFiカードを使うのが一番いいです。

もはや、WiFiカード一択みたいな感じです。

 

社会主義で、インターネット環境が整っていないと言うのも僕たちからすれば珍しいです。

せっかくそんなキューバに行くならインターネットから少し離れて過ごしてみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

ちなみに、キューバの社会主義のことや、インターネットから離れてみる重要さ、なんかを旅行エッセイとしてオードリーの若林さんが語っています。

 

ただの読み物としてもかなりグッとくるので、ぜひお手にとってみてください。

 

↓お気軽にコメントどうぞ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました