プラハへ旅行前に読んで欲しい|観光地、ご飯、お土産、物価まで全て紹介!

プラハ旅行前に読むガイドブック海外旅行
スポンサーリンク

 

”ヨーロッパ”

という言葉から連想される街、雰囲気、それが全部詰まったのがチェコプラハです。
いろんな国に旅行に行きましたけど、食事風景物価など、総じて素晴らしいと感じています。

この記事では、

・チェコってどこ?プラハ?何がある??

・プラハ行くけどあんまり時間がない

って人たちに向けて、プラハの概要を全て詰め込み、私のお勧めを紹介します。
この記事を読み終えた人はプラハに行きたくなります!
とにかく全員必見です!!

スポンサーリンク

日本からプラハへの行き方

フライト時間の目安は、乗り継ぎ時間も含め13時間ほどです。

日本からは残念ながら直行便はありません

乗り継ぎが少なくとも1回は必要になります。ウィーン、フランクフルト、ミュンヘン、ヘルシンキなどの周辺国の都市で乗り継げば同日にプラハに到着できますが、乗り継ぎ場所は、購入する航空券によります。

私は、プラハの前にウィーンに寄りました。

そちらの記事もよかったらどうぞ。

ウィーン 半日観光|満足できるおすすめ観光地と観光プラン

航空券の相場は航空会社や時期によりますが、大体往復10±3万円程だと思っていいと思います。

しかし、私の場合は乗り継ぎ7時間で往復5万円(LCC)で行きましたし、20万円(JAL)で行った知人もいます。

プラハ空港から市内中心地までの行き方

プラハ空港から市内中心地へはタクシー、あるいは公共交通機関であるバスと地下鉄の乗り継ぎの2択です。タクシーだと約20〜30分、公共交通機関は約1時間です。おそらくまずはホテルに行くと思いますし、長時間フライトで疲れているでしょうから、タクシー、Uberが無難だと思います。
私のオススメは絶対にUberです。て言うかチェコに限らず、このご時世、海外旅行ならUberを使い回しましょう。
ちなみに、中心地付近でも比較的安い宿もありますので特別な理由がない限り、中心地に宿を取るのをお勧めします。


絶対に行っておきたいプラハの観光地

プラハの観光地はカレル橋を中心にその半径2km圏内におおよそ集まっています。その為、ざっと見て回るだけなら2日あれば十分です(私は5日間滞在しましたが)。ヨーロッパ周遊なんかでプラハを訪れる方もいると思うので、たくさんある中でも厳選した場所を紹介していきます。

プラハの新市街、旧市街を結ぶカレル橋

カレル橋

観光地とするべきか悩みましたが、必ず通るので紹介しておきます。

プラハの観光地はこのカレル橋を中心にブルダヴァ川の両岸に集まっています。

その為、観光の際には絶対に通るこのカレル橋。

橋自体も有名な観光スポットとなっており、様々な彫刻や景色が見られます。

カレル橋 Jesus
  

Jesusが張り付けられていたり、カレル橋からは広大なブルダヴァ川が一望できます。

カレル橋 ストリートアーティスト
カレル橋 出店

橋の上でこういった演奏が行われたり、売店があったりもします。

このカレル橋には観光客が集まる為、それを狙ったスリや置き引きが少なからずあるようですので、用心ください。

カレル橋 朝日

海外

さて、ここから私のお勧めの観光地を紹介します。

世界一美しい街プラハを一望できるペトシーンの丘(展望台)

ペトシーンの丘 プラハ 一望

プラハで一番オススメしたいのはやはりその美しい街並みです。

もちろん、ただ歩いているだけでも気持ちはワクワクしますが、その全貌を見下ろしたくはないですか?

ペトシーンの丘には展望台があり、そこからプラハの街を一望できます。

カレル橋からは徒歩で約30分ですので、街を探索しながら是非行ってみてください。

朝も夜も行きたいチェコの必須観光地プラハ城

プラハ城 夜景

プラハ城内だけでも私は一日かけて観光しました。

そのくらい、いろんなものが詰まっています。

プラハ城 風景

プラハ城は大きなお城が一つあるのではなく、
城内にたくさんの施設があり、その全てがプラハ城です。

入場料は大人一人約1700円です。

プラハ城 城門

門にはイケメンのヨーロッパ人ガードナーがいます。

プラハ城内のシンボル、聖ヴィート大聖堂

プラハ城 聖ヴィート大聖堂
プラハ城 聖ヴィート大聖堂

夜にはライトアップがされています。入場にはさらに700円ほどかかりますが、絶対に入ってください。満足いくことは100%保証します!

美しすぎる聖ヴィート大聖堂のステンドグラス

プラハ城 聖ヴィート大聖堂 ステンドグラス
プラハ城 聖ヴィート大聖堂 ステンドグラス
プラハ城 聖ヴィート大聖堂 ステンドグラス

聖ヴィート大聖堂の中にはこんなに美しいステンドグラスがあります。

街全体が美しいプラハの観光地の中でもこれは1,2を争う美しさです。

これらの他にもたくさんあるので自分のお気に入りを探してみてくださいね。

世界一美しい図書館ストラトフ修道院

ストラトフ修道院
ストラトフ修道院

現在は民族文学博物館となっているストラトフ修道院。

・フレスコの天井画のある”哲学の間”(左)、

・バロック様式の半円天井に豪華なスタッコ細工(漆喰)と、

・聖書をモチーフとしたフレスコ画が描かれている ”神学の間”(右)。


まさに中世にタイムスリップという感じで圧倒されます。見学できる場所は限られているので、1時間ほどあれば十分に満喫できます。


外せないプラハオススメの美味しいご飯、レストラン

そもそも、

ヨーロッパってご飯美味しいの?チェコ料理ってあるの?

って感じですよね?
チェコ料理はあります。そして美味しいです!!

プラハ 絶品料理

チェコは内陸国のため、肉料理がメインになります。さらにチェコなどの中欧諸国は隣国の影響を大きく受けているため、ハンガリーやオーストリアの料理とも似通っています。

プラハのご飯は美味しいですよ〜!

水より安い!ビール消費量世界一位、ビール大国チェコ

プラハ ビール

チェコの一人当たりビール消費量は世界一で、水よりもビールが安く買えます。

そもそもの物価が安いので、水が高いわけではありませんよ。

最も有名なビールはピルスナー・ビールの元祖であるピススナー・ウルケル。

ですが、黒ビールが非常に個人的に美味しかったのでお勧めです。この写真はコゼルの黒ビール。

プラハ チョコレートビール

チョコレート味のビールもありました。

ビール大国のチェコ。

そのビールにあう美味しいご飯もたくさんあります!

コラーゲンたっぷり女性も嬉しい豚ひざ肉のロースト

プラハ料理 豚ひざ肉のロースト

これが食べたプラハ料理の中で個人的に、一番美味しかったです。

肉にナイフが刺さったままで出されます。そして、とにかく柔らかい

豚ひざ肉にはコラーゲンが豊富に含まれているので美味しいだけじゃなくお肌にもgood

そのまま食べても美味しいですが、添えられているマスタードを付けて食べるとより美味しさが増します!

私はこの料理をU Fleků(ウ フレクー)と言うレストランで食べました。

ここは、ビアホールで夜になると中庭のようなところで食事をすることが出来ます。

ビアレストラン U Fleků(ウ フレクー)
ビアレストラン U Fleků(ウ フレクー)

アコーディオンの演奏があったり、ダンスをしていたり、とにかく陽気で、映画で見る海賊の酒場って雰囲気です。

美味しいビールにプラハのご飯それだけで大満足間違いなし。

ですが、やはり食事に雰囲気はつきものです。

たまたま知り合った現地の人にオススメしてもらって行きましたが、ここはぜひ皆さんにも行ってもらいたいです!

お店の情報: ビアレストラン U Fleků(ウ フレクー)
実はこのビアホール、プラハで最も古くからあるもので創業はなんと1499年です。この時計の看板が目印です。

ビアレストラン U Fleků(ウ フレクー)

パン+シチューの最高の組み合わせジューレック

チェコ ご飯 ジューレック

これもプラハのご飯の代表格です。

チェコにはシチューやスープ料理がたくさん出ます。

パンをつけて食べるととても美味しい。

でももういちいちつけるんめんどくさい。

じゃあ器をパンにしてまえ。パワープレイな料理です。

ビーフシチューは日本のものよりも、かなり味は濃く、赤ワインが非常に合います。

どのレストランでも基本的に注文できますが、私は旧市街広場の中心にあるカフェレストランRestaurace U Husaで食べました。

観光で歩き疲れた足を休めながら、街ゆく人を長め、美味しいプラハのご飯を食べる。

こんな贅沢ないでしょ?

お店の情報: カフェレストラン Restaurace U Husa
旧市街広場にあるチェコ料理のレストラン。観光客が多いイメージでした。

カフェレストラン Restaurace U Husa

天気のいい日に中世のヨーロッパの街並みを眺めながら、昼食やコーヒーを飲むのもいいですよね。

プラハ定番のお菓子トゥルデルニーク(小麦粉生地のお菓子)

チェコ お菓子 トゥルデルニーク
チェコ お菓子 トゥルデルニーク

プラハのご飯の中で一番有名なお菓子です。

小麦粉生地のパンの様なものに内側にはお好みでチョコやピーナツバター、

外側には砂糖やシナモンをまぶして食べます。

さらにボリュームがありながら250円ほどというのも嬉しいですね。

やはり、チェコの物価は安い。

これ三つでタピオカ1杯ですよ?

そしてお菓子好きのあなた。

思ったでしょう。

アイスと一緒に食べたら絶対美味しい。

テンションぶち上げ。

そうですよね。美味しいこと間違い無いです。

そして安心してください。

みんな、わかってます。

プラハ、わかってます。

 

チェコ お菓子 トゥルデルニーク

 

osumen
osumen

テンションぶち上げ。

ってなりましたね。

アイスクリーム入れちゃうことも出来ます。

もう美味しいのなんか食べなくてもわかりますよね?

でも食べてください。ちなみにこのトゥルデルニークプラハ市内至る所にお店がありますので、探さずとも見つかり、その匂いに思わず買ってしまうでしょう。

濃厚なスープにパン、柔らかいお肉。そしてビール。


もう、プラハのご飯だけのためでも行きたくなりませんか?


海外

チェコのオススメの定番お土産

ヨーロッパって西洋の可愛い雑貨なんかのイメージないですか?
チェコは最初に言ったように、”ヨーロッパ”らしいヨーロッパですので、もちろんそんな雑貨や、女性に嬉しいコスメなんかも充実しています。

 

BluePrahaで買う伝統工芸品ボヘミアンガラス

プラハ お土産 ボヘミアンガラス

10世紀ごろに生まれたチェコの伝統工芸品です。

物価の安いチェコですが、ここは本気です。

値段はしますが、自分にも一つは買いたいですよね?

空港にも売っていますが、正規店で買うと割引があったり、セール商品があるのでプラハ市内のお店で購入するようにしましょう。

一番ボヘミアンガラスの有名な老舗はMozer(モーゼル)です。

しかし個人的にはBlue Praha(ブループラハ)がオススメです。

Blue Prahaにはボヘミアンガラスだけではなく、アクセサリーや雑貨なども売っており、Mozerよりもボヘミアンガラスもお買い得なお値段です。

ちなみに私はこのグラスを2つセットで3000円で購入しました。

セールで残り1品のところを逃さず購入しました。

やはり、物価安い

KOLOS-ALCHEMISTのブックマーク

KOLOS-ALCHEMIST

プラハ城内、黄金小路にあるKOLOS-ALCHEMIST(コロスアルケミスト)

様々な真鍮の製品を売っていますが、ダントツで人気なのがこのブックマーク。

一つ一つ手作りかつ、デザインも紐の色も違うんです。

私は自分用に一つ、お土産に3つ買って行きましたが、かなり喜んでもらえました。

私が行った時にちょうど職人さんが作っているところだったので、

ダメもとでこのチャームとこのチャームとこの色の紐の組み合わせが欲しい。

とお願いすると、快く作ってくださいました。

 

osumen
osumen

テンションぶち上げ。

です。

場所はプラハ城内の袋小路にあります。

小さなお店ですので、少し見つけるのに苦労するかもしれません。

プラハばらまき用お土産

この他にもナチュラルコスメ、文具、キャラクターグッズなどあります。

プラハ お土産 ばらまき
チェコ キャラクター
チェコ キャラクター

チェコの国民的人気アニメのキャラクター、モグラの「クルテク」(左)
お店の中にいた何かのキャラクター?(右)

チェコ プラハ 子供用 おもちゃ

可愛い雑貨もおもちゃもあるのでいろんなお店にぜひ足を運んでみてください。


プラハ観光に関する必要情報(物価、通貨、治安など)

・チェコの通貨
チェコの通貨はコルナ(Kč)です(1Kč=4.6円/2019年8月)。ただし、プラハ市内中心地はユーロが使える所も多いです。もちろん、基本クレジットカードも使えますが、VISAが使えないお店もあったので、mastercardも持っておくと確実です。

・チェコの物価
チェコの物価は安いです。日本と比較するとかなりお得に感じられると思います。私はホテルではなくゲストハウスに宿泊しましたが、市内ど真ん中で一泊2000円でした。ご飯もビールが130円ほどで飲めるため、お腹いっぱい食べても一人2000円ほどでした(もちろんお店によりますが)。

・チェコの言語
チェコの公用語はチェコ語です。その為、メニューにチェコ語しかないお店もありました。しかし基本的に英語は伝わりますし、市内中心地は英語表記がありますので、心配は不要です。

・チェコの治安
私はかなり良いと感じています。街の人も親切でメニューに困っていたら英語で説明してくれましたし、夜道も特に危険は感じませんでした。
しかし観光地ですので、スリや置き引きには十分に用心してください。

・チェコの気候、服装
日本と同じように四季があり平均気温はどの時期も日本-5℃くらい。季節の違いがはっきりしていて、冬の寒さは厳しく、夏の日差しは強いです。私は9月に行きましたが半袖にシャツを羽織るくらいでちょうどよかったです。
しかし、昼との気温差は激しく、朝晩はかなり冷え込みますので、上着を持っておいたほうがいいです。

・チェコでの移動
街並みが綺麗で歩くだけでも楽しかったので私は基本的に市内の移動は全て徒歩でしたが、地下鉄、トラムが主な交通手段となります。そしてそれがかなり便利です。

チェコ 移動 トラム

プラハ市内では地下鉄、トラム、バス、全て同じ切符を使えますのでかなり便利ですよね。 そして切符は有効期限によって値段が決まっています。例えば90分切符を買えば90分乗り放題ということです。料金は90分切符が32Kč(約160円)です。


最後に

いかがだったでしょうか? この記事ではプラハを知らない人へ、 また、行くつもりだけど時間がないって人へ向けて書きました。 この記事が皆さんの旅の一助となれば幸いです。

いかがだったでしょうか? この記事ではプラハを知らない人へ、 また、行くつもりだけど時間がないって人へ向けて書きました。 この記事が皆さんの旅の一助となれば幸いです。

↓お気軽にコメントどうぞ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました