香港の年越しカウントダウンを見に行こう!花火の量も世界屈指!

香港 年越し カウントダウン海外旅行
スポンサーリンク

皆さん、年越しはいかがお過ごしですか?

多くの人が近くの神社に初詣に行ったり、友人と飲んでいたり、実家でゆっくりテレビを見ていたり。

毎年同じような過ごし方をしているのではないでしょうか?

早速ですが、

海外で年越し、したくありませんか?

やはり、海外の年越しは日本と規模が全然違います。

私は普段、家でテレビを見ながら気づいたら年を越していた、と言う毎年でした。

いわゆるインドアで年越しやクリスマスなどイベントで騒ぐパリーピーポーとは正反対の人間です。

そんな私が思い付きで、香港の年越しカウントダウンに行ってみました。

香港年越しカウントダウン

しかも12月27日に航空券を取ると言うフットワークの軽さ。

 

ノープランでしたがこの旅の結論は

osumen
osumen

海外で一度、年を越してみろ。

です。

 

ニューヨークでも年を越しましたが、カウントダウンは圧倒的に香港がオススメです。

航空券も実はまだ安く取れるんですよ。

この記事を参考にしてもらえればわかりますが、香港以外も安い国はたくさんありますよ。

スポンサーリンク

日本の香港のカウントダウンとの違い

海外のカウントダウンといえばニューヨークが最も有名ですが、香港も実は世界有数の派手なカウントダウンが見られることで有名です。

日本の技巧な花火と比べると、とにかく派手さを優先!と言う感じで、

日本で言うとフィナーレの量の花火が延々と打ち上げられている感じです。

パーティ好きの海外の方向けって感じですね。

メインの花火は九龍島と香港島の間のヴィクトリアハーバーで行われます。

しかし、打ち上げ場所は香港島側からなので、九龍島側から観覧する方が、全体を見渡せます。

ビクトリアハーバー

九龍島から見たヴィクトリアハーバー

 

香港カウントダウン花火を見るオススメスポットは?

ニューヨークのカウントダウンは12時間以上前に並び始めてやっと見えるかどうか、くらい混んでいます。

しかし、香港はそれほどまでには混んでおらず、尚且つ花火観覧スポットが多くあります。

もちろん、ホテルを取ると言うのが最も確実で楽なのは明確ですが、競争率が激しすぎることと、値段の関係で私はオススメしていません。

クルーズ船で楽に優雅に鑑賞

お金はかかりますが、一番楽に、そして確実に見れるのがクルーズ船に乗ることです。

日本の旅行会社からもいくつかツアーが出ています。

【2019/12/31限定】花火鑑賞付きカウントダウン!ビクトリア湾から花火を見るクルーズ | 香港の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
2020年の幕開けは、美しいビクトリア・ハーバーに打ち上がる花火をみて迎えませんか?軽食付きクルーズプランではビクトリア湾に浮かぶ船上から壮大な花火をご覧いただけます。ご予約はお早めに!

料理もあり、お手洗いも気にする必要がないので、値段を気にしない方はクルーズ船から見ない理由がありません。

ホテルよりはリーズナブルですし、競争率もそこまで高くはありませんが、12月上旬には売り切れますので、予定している方はお早めに。

ショッピングセンターThe ONEの最上階から

尖沙咀に位置するショッピングセンター「The ONE」が毎年、年越しカウントダウンのために16階を開放しています。

https://www.the-one.hk/en/promotionandevent/promotion.asp

入場券は29日から配られますが、同日に無くなる事が確実です。

1日200枚、1人4枚まで配布可能で、無くなり次第終了ですので、狙っている方は頑張ってみてください。

九龍島にある観覧スポット

私は、12月31日の朝に香港に到着し、そこから自分の足でカウントダウン鑑賞スポットを探し回りました。

はっきり言って九龍島の沿岸部でしたらどこも鑑賞スポットになります。

ビクトリアハーバー

しかし、開始4時間前でもこの混み具合。

日本の花火のように前の人は座る、だとか、ビニールシートを敷いて鑑賞する。

と言う文化はなさそうで、4時間立ちっぱなしでただ待ち続けるのは厳しい、と思い、移動しました。

かなり、光が飛んでますが、すぐ真後ろには歩道橋のようなものから鑑賞しようと陣取っている人たちが溢れていました。

移動して、近くにあったお手洗いに入り用を足し、出てみると

osumen
osumen

いや、ベスポジ、、

思わぬところにありました。

トイレの目の前。完全に盲点です。

尚且つ好きな時にトイレに行ける。

トイレの神様って実際いるんだなあと思いました。

ビールを飲みながらカウントダウンまで待っていると時間が経つのも一瞬でした。

やはり、周りの人も23時58分とかになるとソワソワしていました。

トイレが近いからではないですよ。

0時になるとド派手な花火が始まります。

バッチリとクオリティの低いニコちゃんマークも出現してました。

あと、Happy New Year!!の瞬間って本当に海外の人たちはキスするんですね。

 

トイレの前やけど。

 

と言う、osumen初年越し海外でした。

ちなみに香港はヨーロッパ人が多いことでも有名で、飲み歩いているときにいろんなヨーロッパ人と友達になってお酒奢ってもらいました。

酔い覚ましにと思って香港島にあるビクトリアピークに徒歩で登って帰りの飛行機に乗り遅れそうになったのも良い思い出です。

ビクトリアピーク

ヴィクトリアピークからの100万ドルの夜景

香港の年越しカウントダウン 最後に

この記事は、誰かに読んでほしいと言うよりは今、香港で起きている悲しい事件に対して、自分の楽しい思い出で上書きしてやろうと言う自己満記事でした。

ご清覧、ありがとうございました。

【格安航空券】年末年始の海外旅行の上手な探し方!
【格安】で年末年始の海外旅行に行けるってご存知ですか?皆さんが思っているよりも安い航空券は見つかります!予定がないと、ダラダラ過ごすより、海外で年越して一生の思い出作りませんか?

 


 

↓お気軽にコメントどうぞ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました