『キューバで一番美味しいモヒート』をジョンレノンBarで【現地人おすすめ】

John Lennon bar海外旅行
スポンサーリンク

そんなハバナ発祥のドリンクといえば、爽やかな味わいが暑い夏にぴったりで、
日本でも人気の高いカクテル「モヒート」。

サトウキビを原料とした蒸留酒「ラム」をベースとし、ミントの葉、ライムやレモン、砂糖を加えて作る爽やかなカクテル。

 

海外旅行に行ったら観光地も良いですけど、どっちかと言うとディープなローカルプレイスに行くのが好きです。

>>【ハバナ】革命広場から旧市街まで徒歩の旅でローカル巡りinキューバ

 

特に、食事に関しては観光客向けの人気なレストランって美味しいけど、前評判のせいで正しい判断できてないんちゃうかって思ってしまいます。

キューバが発祥のモヒートに関しては、本場ハバナで有名なのは「LA BODEGUITA DEL MEDIO」。

ヘミングウェイが足繁く通っていたと言うことで、観光客にものすごく人気です。

 

こういうお店に行くのも、もちろんいいですよね。

でも、もっとローカル御用達なところに行きたい。

そんなことを思っていたところ、”ハバナで一番美味しいモヒートが飲める”と現地人イチオシの『ジョンレノンBar』を見つけました。

ジョンレノンBar

ジョンレノンバー

なんでジョンレノン?

て感じなんですけど、ハバナにはジョンレノン公園があったりと、ハバナ人には人気みたいです。

 

スポンサーリンク

キューバで一番美味しいモヒートをジョンレノンBarで

ジョンレノンBarは旧市街にあります。

入り口はこんな感じです。

 

John lennon bar

看板とかもなくてわかりにくいですが、扉にジョンレノンの写真がたくさん Let it be してます。

それでは、Get in be しましょう。

キューバで一番美味しいモヒートをジョンレノンBarで

ジョンレノンBarのおしゃれな内装?ジョンレノンまみれ

ジョンレノンバー

ジョンレノンバー

 

中に入ると、いきなりジョンレノンの絵、写真、そして音楽。

imagine流れすぎて、igime(いじめ)かと思いました。

とは言うものの雰囲気はかなり良いです。

2階席もあって、自分以外ほんとに現地人っぽい人しかいなかったです。

ジョンレノンBar

 

ジョンレノンの写真だったり、

壁にBeetlesのメンバーの絵も書かれています。

 

ジョンレノンBar

あと、ちなみにジョンレノンBarにはWiFiはなかったですね。

>>キューバでWiFiを使うときの注意点【WiFiカードを使おう】

ジョンレノンBarのハバナで一番美味しいモヒート

ここを教えてくれた現地人いわく、『ハバナで一番美味しいモヒート』を早速、頼みます。

僕は、お酒が強くないので、アルコール少なめでってお願いしました。

Oh, men, come on~

って言われたけど関係あらへんと思って強い気持ちでアルコール薄めをお願いしました。

ちなみにジョンレノンBarでは、飲んでみてアルコール少なかったりしたらアルコールを足してくれるのではなく、リキュールごとビンで渡されます。

なので、好みがある人は最初薄めでお願いして自分で調整するのも良いかもしれません。

自由に入れちゃってって感じで水みたいなチューハイが出てくる店もある日本では考えられないですよね。

ハバナ ジョンレノンバー

 

作ってるバーテンダーの後ろにはヨーコオノとレノンジョンが映ってますね。

 

キューバ モヒート

ジョンレノンBarのモヒート。

バーテンダーに、「アルコール薄めにしたけど、お酒弱くてもこれはめっちゃ美味いぞ!」

と飲む前にハードルをあげられます。

 

osumen
osumen

グラシアス!

 

って言うてもニコニコしたまま僕の横に立ってるので、あ、飲んで感想欲しいんやなと察しました。

早よカウンター戻れよと言う気持ちは無かったけど、ストローを通して勢いよく吸い上げます。

 

キューバの高温な気候もあり、喉も渇いていたので冷たいモヒートが喉を通り、いっきに生き返った気分になります。

 

モヒートは、しつこくないミントの爽やかさにシロップの甘味、そしてラム酒の優しいアルコールが口の中で絶妙に調和し、僕の喉を涼しく通り過ぎて行きました。

 

osumen
osumen

めっちゃうまい!

 

バーテンダーに笑顔でそう伝えると、彼はニコッと笑って、

『せやろ?日本と全然ちゃうやろ!』

と。

いや、実はモヒートこれが初めてやねん。と思いながら、なんかわからんけど、こっちの方がめちゃくちゃうまいわ!って言うときました。

 

値段は500mLないくらい?のグラスで一杯400円でした。

 

ジョンレノンBarでヘミングウェイが愛した「ダイキリ」を

喉渇いてたのと思いの外、アルコールも気にならなかったくらい美味しかったので、すぐに飲み終えました。

もう1杯頼もうとしたら、「次は”ダイキリ”にせえ。モヒートの次に有名なやつや。」と言われたので、それを頼みます。

 

ハバナ ダイキリ

このカクテルは、グレープフルーツジュースに、ライム、シロップ、砂糖、そして2種類のラム酒から作ります。

このカクテルが大好きだったヘミングウェイはラム酒を通常の量の2倍にして毎日飲んでいたそうですね。

モヒートとの一番の違いは、グレープフルーツを使っているので、柑橘系フルーツの爽やかさと甘さが引き立っているところです。

柑橘系の爽やかさに、シロップの甘さ、ラム酒の深みがマッチしてこれもすごく美味しかったです。

 

ちょっとアルコール強いなと思って聞いてみたら、

『ヘミングウェイを感じて欲しいからアルコール濃い目にしたぜ!』

と、眩しい笑顔で答えられました。

お酒弱い僕からすると、思春期の頃のお母さんくらい余計なお世話やったんですけど美味しかったです。

氷をフローズンアイスみたいにシャキシャキにするのが普通らしくて、それも高温なハバナにはぴったりで最高でした。

 

ダイキリのアルコールにやられたのでトイレに行きました。

ジョンレノンバー

ジョンレノンバー

ここにもいるんですよ。ジョンが。

そしてめっちゃ目が合います。

心なしか、このジョンも酔ってるのか目が据わってますね。

そんなこともimagineしながら用を足しました。

 

あと僕が行ったとき、トイレが壊れてて、流せなかったです。

排泄物も Let it be ってことですね。

『キューバで一番美味しいモヒート』をジョンレノンBarで  まとめ

他のモヒート飲んだことないので、飲み比べるわけには行きませんでしたが、すごく美味しかったです。

絡んできた現地人もここのが一番うまいんや!って言うてたので実際そうなんでしょう。

 

ガイドブックとかにもないので、穴場やと思います。

皆さんぜひ。

 

 

↓お気軽にコメントどうぞ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました