パラワン島アンダーグラウンドリバーツアーの概要と注意点【体験記】

アンダーグラウンドリバーツアー海外旅行
スポンサーリンク

「最後の秘境」

と言われているフィリピンにあるパラワン島。

パラワン島では、アイランドホッピングなど、様々なアクティビティに参加できます。

その中でもここは外せないというのが、世界遺産であるプエルトプリンセサ地底河川国立公園。

 

ホンダ湾のアイランドホッピングに参加した時、ガイドの人が

 

「アンダーグラウンドリバーが最も大事だ。」

って言っていました。笑

 

この記事では、

・ツアー以外で行く方法はあるのか?
・ツアーに参加する価値があったのか?
・ツアーに参加する際、気をつけることはあるのか?

についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アンダーグラウンドリバーとは

 

アンダーグラウンドリバー国立公園は、プエルトプリンセサから北東に80kmの位置にあります。

 

アンダーグラウンドリバーは洞窟内を流れる地下河川です。

洞窟内には何百年と長い年月をかけて形成された鍾乳洞があります。

この地下河川と鍾乳洞が、プエルトプリンセサ地底河川国立公園という形で保護されています。

そして1999年からユネスコ世界遺産に登録されています。

 

アンダーグラウンドリバーへ行く方法

 

アンダーグラウンドリバーの観光ですが、ツアーに参加するしかないです。

プエルトプリンセサ地底河川国立公園まではボートで向かいますが、タクシーの様に行きたい場所へ連れて行ってくれるというものではありません。

ですが、ツアー自体、料金も高くないですし、ホテルまで送迎もありますので、是非ツアーに参加しましょう。

 

アンダーグラウンドツアー概要

料金:1300ペソ(日本円にして約3000円)
所要時間:約2時間(ホテルの場所によって移動時間、料金変更あり)
内容:ボートでの地下河川遊覧(現地ツアーガイドと音声ガイド付き→日本語音声あり

アンダーグラウンドリバー ツアーの流れ

 

私はアンダーグラウンドリバーに近いホテルに宿泊していましたので、ホテルから現地まではボートで約20分ほどの移動時間でした。

 

パラワン島、プエルトプリンセサのホテルもすごい素敵ですよ!

私の場合はボート乗り場まで徒歩でいける場所でしたが、ボート乗り場まではホテルから車での送迎がつきます(ツアー料金に含まれる)。
アンダーグラウンドリバーまではこのボートで行きます。
パラワン島の移動で使うボートは基本的にこれです。
左右に棒つけてることで揺れが軽減されるんですよね。
もちろん、揺れますが無いよりはだいぶ快適で、乗り物酔いがひどい僕でも気になりませんでした。
ここで、注意点ですが、乗り降りの際、少し海に入るため、サンダルで行くべきです。
ボードで進むこと20分。
アンダーグラウンドリバーに到着です。
中に入ると、
「ここ、世界遺産やで。」
の看板と
「お猿さんには近づかんといてな。」
の看板などがあります。
僕は遭遇しませんでしたが、野生の猿が生息しているらしく、ビニール袋をエサと勘違いして取ってしまうため、持っていかないように注意を受けました。

アンダーグラウンドリバー到着から洞窟探検の流れ

プエルトプリンセサ地底河川国立公園
到着すると、受付のようなところで、音声ガイドプレーヤー、ヘルメット、ライフジャケットを受け取ります。
音声ガイドはなんと日本語もあるので安心してください。
そして、洞窟入り口5分ほど歩きます。
アンダーグラウンドリバー
洞窟入り口到着!
小さなボートに乗って中に入っていきますが、ボートに乗るときに川に足をつけるので、サンダルで行きましょう!
ここでボートに乗って、緊急時のことや、洞窟内での注意事項の説明を受けます。
ちなみに、ボートはガイドさんが漕いでくれるので、乗るだけで大丈夫ですよ。
説明を聞き流したら
洞窟へ出発です。

アンダーグラウンドリバー洞窟内の見所

洞窟内の見所は中にある鍾乳洞です。
先に載せていますが、鍾乳洞で自然に作られたたくさんのオブジェがあります。
洞窟内は電気はないので真っ暗です。
ガイドさんのハンドライトのみで進んでいきます。
しかし、ガイドさんがいろいろと照らしてくれるので、中はしっかりと見れます。
洞窟といえば?たくさんコウモリがいます。
上むいて口開けていたら、コウモリの聖なる水が落ちてきます。
osumen
osumen

Holy shit!

ということですよね。
 
そして、鍾乳洞内で自然に作られた、たくさんのオブジェがあります。
はっきり言ってこじつけ ですので、納得できないものもあります。
わかりやすいものだけクイズ形式で、紹介していきます!
想像力を働かせてくださいね!!

【ネタバレ】アンダーグラウンドリバーの鍾乳洞オブジェの数々

レベル1(海の生き物)
レベル2(共に動物)
 
レベルMAX(ヨーロッパとかで凄い人。笑)
どうでしょう??レベル1、2に関してはわかりやすいですよね。
答え
レベル1 クラゲ
レベル2 ライオン  
レベル2 キリン
でした!この辺りは納得できます。
さて、レベルMAX。皆さんなんだと思いましたか??
正解は、、
レベルMAX 聖母マリア
だそうです。なんか言われてみれば、わかりませんか?笑
これを聞いたときは少し感動しました。
僕はもうかき揚げにしか見えませんでした。
考えた人の想像力はすごいですね。
雲とか見てもブラットピッドとか言うんでしょうね。
ちなみに、これはキリストの顔の横半分らしいです。
これわかる人は教えてください。切実に。
他にもただの岩の塊を あぐらをかいたカバ とか言っていたり、全然納得できないものも多かったですが、色々自分の想像力も掻き立てられて楽しかったです!!
1.5kmほどボートで進むと、Uターンして洞窟入り口まで帰ります。
 
洞窟を抜ける瞬間はインディジョーンズのような感じで妙なワクワクがありました。
ツアーはこれで終わりでしたが、そういえば、ボートのツアーガイドに僕も含め誰もチップを渡してなかったですね、、
基本は200ペソ(450円)ほどがチップの相場ですので、皆さんは僕の分まで渡してあげてください。
まとめ
 パラワン島の一番と言ってもいい観光地、アンダーグラウンドリバー国立公園。
現地の人もアンダーグラウンドリバーには絶対行かないといけないよ。と言っていました。
行く価値は絶対ありますので、皆さんもぜひ行ってみて自分の解釈で鍾乳石を何かに例えてみてください。笑

アンダーグラウンドリバーツアー概要

所要時間:約2時間(ホテルの場所によって移動時間、料金変更あり)
料金:1300ペソ(日本円にして約3000円)
内容:ボートでの地下河川遊覧(現地ツアーガイドと音声ガイド付き→日本語音声あり
注意点:靴はサンダルがベスト。

パラワン島、プエルトプリンセサには他にも素敵なアクティビティがあるので、是非チェックしてみてくださいね。

↓お気軽にコメントどうぞ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました